地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

どうにかしてこの地黒肌を白くしたい・・そうお悩みの地黒肌の方、少なくないと思います。

すでに日焼け対策や美白化粧品など、色々試してはいるけれどいまいち効果が出ないという方もおられるのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品です。
他の化粧品で思うような効果が得られなかった方でも、もしかしてもしかすると・・かもしれません。



美白化粧品を使う前に確認!あなたは本当に地黒?

地黒とは、もともと肌の色が黒いことを意味します。
日焼けなどしていなくとも、黒いのです。

日本人だと、肌が黒いとはいっても本当に黒いわけではなく やや色黒かなという程度の地黒がほとんどですが、 やはり色白の方と比べると肌の色は濃いです。

日本人は色白肌に憧れる方が多いですから、外見が気になる年頃の女性だと、 周りよりも色が黒いことで悩んでしまったり、夏が来るたびに憂鬱な気分になりますよね。

しかしその地黒、本当に地黒でしょうか?
というのも、本当は地黒ではないのに地黒だと勘違いしている方、結構多いと思うからです。

私自身もそうでしたし、友人にも同じような人がいましたが、 昔からずっと地黒だと思い込んでいたけれど、ふたを開けてみると単に日に焼けやすい肌質だっただなんてことは少なくないのです。

地黒だと思い込んでいる方は、紫外線のあたる部分と紫外線のあたらない部分、 例えば顔や腕と、おなかやお尻の肌の色を見比べてみてください。

もし紫外線がほとんどあたらない おなかやお尻の色が白ければ、あなたの顔や腕は単に日焼けしているだけということになります。 だって生まれた瞬間から、顔色とお尻の色が違うなんてことありませんよね?

単に日焼けしているだけで本質的に地黒でないのなら、ハイドロキノンなどの美白化粧品を利用する意味は大いにあるでしょう。

逆に紫外線が当たりにくい場所も黒い・・というのなら、 美白化粧品の効果にはあまり期待できないかもしれません。



ハイドロキノンとは?どういう成分?

冒頭でも述べた、ハイドロキノンとはどういった成分なのでしょう?

いわゆる沢山ある美白成分の1つなのですが、 他の美白成分に比べると肌への作用が大きく、美白を心掛ける人にとっては奥の手ともいえる成分です。

例えばアルブチンなど他の美白成分と比較し、10~100倍もの効果があるともいわれます。

効果が高い分副作用も起きやすいため、 もし利用しようというのなら、まずはハイドロキノンについての知識を身に付けてからにすることをお勧めします。

ハイドロキノンの働き

ハイドロキノンは、皮膚科でのシミ治療にも採用されている成分で、 主にはシミの元となるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。

これからメラニンができるのを防ぐだけではなく、すでにあるメラニンの還元作用もあるため、 シミ治療に用いられるのです。その効果の高さは、肌の漂白剤とも呼ばれているくらい。
効果が高い分副作用も出やすいため、利用する場合にはハイドロキノンの性質を理解すること、 また濃度に注意する必要がありますが、最近はハイドロキノンの欠点を改善した化粧品も出てきており、 以前ほど手の届かない製品ではなくなった感があります。

実際、私の周りでのハイドロキノン化粧品を定期的に利用している人は多いです。

ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンはやや不安定な性質があり、保管状態が悪いとすぐに劣化してしまいます。

特に紫外線や温度には弱く、常温に置いておくと劣化がすすんで短期間で使えなくなりますし、 ハイドロキノンを肌に付けたまま紫外線を浴びると成分が変質し、 肌にダメージを与える恐れがあります。

ハイドロキノンを付けたままうっかりきつい日差しを浴びてしまい、新たにシミを作ってしまう・・何てこともあり得るのです。

ですので、日中ほとんど日に当たらないというのならばともかく、 ハイドロキノンを使用するならできるだけ紫外線の弱い季節にするか、 また夏場は夜間の使用のみで日中は使用しないなどの注意が必要です。

あと、ハイドロキノンを利用するとメラニンの生成が抑えられるため、 肌が紫外線ダメージを直接受けやすくなります。

ハイドロキノンを利用している期間中(使い終わってからもしばらく)は、 いつも以上に紫外線対策を入念に行ってください。




以上のように、効果は高いけれどリスクも大きいハイドロキノン。
しかし他の美白成分と比較して、はっきりとした手ごたえが得られるというのは、美白を追求する女性にとっては大きな魅力なのですよね。

とても惹かれる成分ですが、もしあなたが日差しの下で長時間過ごさなくてはならない生活を送っているというのなら、 ハイドロキノンの利用には慎重になった方が良いかもしれません。

使用するにしても、紫外線の弱い冬場のみにした方が安全です。



初心者でも使いやすいハイドロキノン化粧品は?

ハイドロキノンには副作用がある・・なんて聞くと、本当に使っても大丈夫なのかと心配になる方もおられるかもしれませんが、正しく使えば心配はいりません。

ここでは、ハイドロキノン初心者や敏感肌の方でも比較的使いやすい、改良型のハイドロキノンを使用したスキンケア製品を中心にご紹介します。


QuSome ホワイトケアシリーズ

「ビタミンC」と「ハイドロキノン」を組み合わせた、b.glen(ビーグレン)のホワイトケアシリーズ。

使用されているハイドロキノンは、独自の浸透テクノロジー「QuSome」とハイドロキノンを融合させ、 欠点を払拭した改良型。

これまでのハイドロキノンよりも低刺激でありながら、ブライトニング効果のスピードアップを実感できる魅力的な製品です。

現在、ビーグレンのハイドロキノンクリームを含む、ホワイトケアに効果的なラインアップをお得に試せるトライアルセットが提供されています。

ハイドロキノンを使ってみようかなという方は、まずトライアルセットで試してからの方が安心です。

このホワイトケア トライアルセット、なんと全国どこへでも送料無料、365日間返品・返金保証付き。 かなりお得感の大きいセットだと思います。



セルピュア ブライトニングクリスタル

皮膚科医監修のドクターズコスメ「ブライトニングクリスタル」。 なんと5%もの濃度を持つ、ハイドロキノンクリームです。

ハイドロキノンの劣化しやすいという欠点を、特殊技術によってカバー。 未開封の状態では12か月以上の常温保存が可能です。

加えて角質をオフするサリチル酸を配合し、ハイドロキノンの浸透をサポート。

ハイドロキノン利用時、浸透を高めるためにピーリング(グリコール酸やサリチル酸による)を組み合わせることが多いのですが、 本製品はそれらのケアをあわせて行うことができます。

集中的にシミケアを行いたい方に、一押しの製品です。



AMPLEUR(アンプルール)

アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを配合した、ラグジュアリーホワイトシリーズの「コンセントレートHQ110」。

ハイドロキノンならではの光や熱に弱い性質を、マイクロカプセル化によってカバーすることで、 通常よりも劣化しにくく、長時間効果を保ち続けることができます。

通常のハイドロキノンと比較して低刺激を実現しているため、ハイドロキノンが初めての方、敏感肌の方にも使いやすい製品です。

現在、おひとり様1個限りでラグジュアリーホワイトシリーズトライアルキットがお得な価格で試せます。

送料・手数料無料、次回1000円割引の特典つき。
定期購入などではないため、安心してトライできるのではないでしょうか?



スキンピールバー ハイドロキノール

ドクターズコスメ「サンソリット」の、 AHAやBHAによるピーリングとハイドロキノンによるケアを同時に行えるソープ。

ピーリングとハイドロキノンの効果で、くすみにアプローチします。 ハイドロキノン濃度は高くはないため、美白には他社のハイドロキノンクリームとの併用がおすすめです。

また顔だけでなく、ボディにハイドロキノンを利用したいという方にも向いています。

多くのハイドロキノンクリームは量が少なすぎるため、 体に利用するのは躊躇してしまいますが、ソープなら首元や腕などにも気軽に使えるのではないでしょうか?

良く泡立て、柔らかい泡で丁寧に洗うのが使用のコツです。





ハイドロキノンは慎重に利用する必要がある成分ですが、 改良型のハイドロキノンなら初心者や敏感肌の方にも扱いやすく、安心して使い続けられます。

とはいえ、肌質によって合う合わないがあるため、まずはトライアルセットなどで試してみて、 肌に合うようだったら続けるというやり方が失敗がなくて良いのではないでしょうか。

なお、ハイドロキノンを利用する場合は日中の紫外線対策を必ず徹底するようにしてください。

ここにあげた改良型ハイドロキノンは、比較的光や熱には強いようですが、 だからといって紫外線に無防備で良いというわけではありません。

副作用を避けて確実に効果をあげるためにも、日中の紫外線対策は万全に行うようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビーグレンのハイドロキノンクリームをレビュー 顔全体に使えるハイドロキノン

ビーグレンが販売するハイドロキノン、QuSomeホワイトクリーム1.9をレビュー。QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地や、お手頃に試せるトライアルキットの中身をご紹介しています。

地黒肌でも美白点滴・注射で色白肌になれる?

美白点滴、美白注射ってご存知でしょうか?その時の通りの点滴、注射で美容クリニックなどで受けられます。地黒肌の美白にも効果は期待できるようですので、費用が問題にならなければおすすめのメニューです。

地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

肌が黒くなりやすい、地黒肌。美白ケアを開始したいけれど、何から始めたらよいのか分からない・・なんて方のために、美白ケアでやるべきことについてまとめてみました。

20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

若いころから美白に関心がある方がいる一方で、若いから大丈夫と紫外線に無防備な方もいますが、若い頃に紫外線を沢山浴びると、30代前後位にシミが出やすくなります。今回は、シミのない若い方でも美白ケアを心がけた方が良い理由と、20代の若い世代に向く美白ケアについてお話しします。

地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

効果のある美白成分は?と聞かれて思い浮かぶのはハイドロキノン。特に色白肌よりも黒くなりやすい地黒肌さんにはおすすめの成分ですが、実はハイドロキノンだけだと、美白ケアの効果が出るまでに結構時間がかかります。今回は、ハイドロキノンの効果を少しでも早く実感するためのケア方法についてお話しいたします。

美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

美白化粧品でシミを消す事ができるとお思いの方は少なくないようですが、それは間違い。美白化粧品でシミは消せません。その理由についてわかりやすく解説とともに、シミを消す方法についても触れています。

地黒肌の全身美白!体の美白に最適な方法は?

顔の美白は化粧品を使用しますが、日焼けしたりシミが出来るのは顔だけではありません。特に日焼けしやすい地黒肌の場合、顔だけでなく腕やデコルテも美白したいところですが、美白化粧品は高価。気軽に体に使えるものではありません。今回は、顔ではなく体の美白方法についてお話ししたいと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

美白にビタミンC化粧品。今や常識ですが、ビタミンC化粧品と一口に言ってもピンからキリまで様々なものがあります。今回は、ビタミンC化粧品を選ぶ際に知っておきたいことについて解説するとともに、地黒肌の美白ケアにおすすめしたい、強力なビタミンC化粧品をご紹介します。

地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

地黒肌を何とか色白にしたい。でも何をやっても白くならない・・。そんな方に試していただきたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品。今回はハイドロキノンの働きやその効果、地黒肌におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

地黒の人に美白化粧品は意味がない?それともある?

もともと黒い地黒肌。美白化粧品なんて使ってもあまり意味はなさそうです。しかし実際には、地黒だと思っていたけれど美白を根気よく続けていたら色白になった・・なんて方は結構います。本当のところ、地黒肌に美白化粧品は意味があるのでしょうか?それとも本当に意味がないのでしょうか?

TOPへ