赤ちゃん・幼児だって日焼けする!嫌がる子にも塗りやすい肌に優しい日焼け止めは?

美容に良くないとされる紫外線ですが、最近は紫外線を浴びることによる肌への害が一般的に認知され、 子供にも日焼け止めを利用させるご家庭が増えました。

子供のころから日焼け止めを塗る習慣をつけておけば、肌の健康を守れることに加えて、 大人になってからシミが出来て悩む可能性も低くなるかもしれませんから、悪いことではないと思います。

しかし、日焼け止めを積極的に使わせる一方で、 日焼け止めによる肌への影響が気になる、また外出のたびに塗るのは面倒だという意見も少なくはありません。

特に、まだ肌の防御力が弱い赤ちゃんや幼児の場合、 日焼け止めを利用する事自体に抵抗を感じてしまうという方は一定数おられるはず。

さらに子供はじっとしていませんから、日焼け止めを都度塗るのも大変ですよね。

しかし、紫外線の害は気になります。
赤ちゃんや幼児に安心して使え、なおかつ塗りやすい日焼け止めはないものでしょうか?



赤ちゃんや幼児に日焼け止めは必要なの?

紫外線の害は気になるけれど、そもそも赤ちゃんや幼児に日焼け止めが必要なのかと疑問をお持ちの方もおられると思います。

人により見解が分かれるところですが、結論を言えば美容面を気にする大人ほどではないものの、地黒・色白にかかわらず子供にだって紫外線対策は必要です。

特に年配の方の場合、子供に日焼け止めを使うことにいい顔をしない人は多いですが、今は昔とは違い、オゾン層の破壊によって地上に降り注ぐ紫外線の量は確実に増えています。

以前小児科の先生にかかった時にも、子供が公園で遊ぶときには日焼け止めを塗るように説明を受けました。

ビタミンDの生成のために赤ちゃんには日光浴を・・といわれた時期もありましたが、現在は日光浴をさせること自体が推奨されていないことからもわかるように、昔とは環境が大きく変わっているのです。

環境にもよりますが、基本的に日焼け止めは必要だと考えた方が良いでしょう。



肌の弱い子供に日焼け止めは大丈夫?

日焼け止めを使った方が良いというのはわかるけれど、うちの子は肌が弱いので、日焼け止めの成分に負けてしまわないか不安。

そんなお母さんもいますよね。

もし日焼け止めに配合されている成分にアレルギーがあるというのなら、その日焼け止めは使ってはいけません。

しかし、最近は紫外線の害が認知されてきたこともあり、子供や赤ちゃんでも使える日焼け止めは沢山販売されていますので、 合う製品が全くないという事はないでしょう。

逆に、大人が使うようなSPF値の高い強い日焼け止めは避けた方が無難。
幼い子供の肌は大人よりも防御力が弱く、ちょっとした刺激であってもトラブルを起こしてしまう可能性があります。

利用するのならむやみにSPF値が高いものを選ぶのではなく、 子供や赤ちゃんでも利用できる、石けんでも落とせるような日焼け止めを選ぶようにしましょう。



幼児や赤ちゃんでも使える日焼け止め おすすめは?

子供や赤ちゃん用の日焼け止めって探せば結構沢山あるのですが、その成分は様々ですし、使い心地も製品によって異なります。

子供が自分で塗布できるのならばともかく、赤ちゃんだと日焼け止めを塗るのも一苦労ですよね。

そこで今回は、幼児や赤ちゃんでも使える日焼け止めの中より、肌に塗りやすいもの、使用感が良いものをピックアップしてみました。

SPF値の異なるものを2種類くらい揃えておくと、場面によって使い分けができて便利だと思います。


アロベビー UV&アウトドアミスト

100%オーガニックの天然成分から作られた、アロベビーのUV&アウトドアミスト。

SPF値は15。生後6か月から利用できます。

UVカット機能だけではなく、成分自体に虫の忌避効果があるため、虫除けとしても利用できる優れものの日焼け止めです。

この製品の良い点は安心できる成分であるところ、お湯で落とせるところ、またミストタイプで塗りやすく、塗ったあとにべた付きがないところ。

動き回る赤ちゃんにはもちろん、塗った後の白浮きや不快な感じがないため、子供に塗るのに向いています。 天然素材由来の柑橘系の香りがとてもさわやかなところも、使っていて気持ちが良いです。

30日返金保証付きなので、赤ちゃんにあうかわからない・・なんて方でも安心して試せます。




ソレオ オーガニックス

オーガニック先進国であるオーストラリア発の日焼け止めクリーム。結構有名な製品です。

100%天然由来の成分で出来ていますが、SPF30+、PA++と紫外線カット力が高く、 さらに水に強いウォータープルーフを実現。

刺激の強い化学成分を含まないノンケミカル処方であるため、 生後6か月以降から利用が可能です。環境にも優しいですし、石けんで落とせるなど肌にも○。

白浮きせずべた付きのない使い心地であるため、大人の化粧下地にもおすすめです。

公園で遊ぶなど、きつい日差しの下で活動する場合に塗ってあげたい日焼け止めだと思います。




エーデルワイス UVプロテクト

WELEDA(ヴェレダ)から日本限定で販売されている日焼け止め、「エーデルワイス UVプロテクト」。

100%天然由来の原材料を利用しながらSPF33、PA++を実現した、十分な紫外線カット力を持つ日焼け止めです。

生後6か月以降から利用可能。天然成分由来の柑橘系の爽やかな香りがします。

白くならず肌になじみやすいため、大人のメイクの下地にもおすすめです。





ご紹介している日焼け止めはいずれも天然由来の成分から作られており、子供の肌に付けるものとしては質がよく安心だと思います。

日焼け止めは配合される成分や塗り心地にまず目が行きますが、実は簡単に落とせるかどうかという点も同じくらい重要。 落とす際に強力な洗浄剤を使わなくてはならないようなものは、子供の肌にとっては負担が大きすぎます。

その点も考慮したうえで、子供に最適な日焼け止めを選ぶようにしましょう。

あと、日焼け止めを塗るだけではなく、ベビーカーにUVカバーをかぶせたり帽子をかぶらせるようにするなど、日焼け止め以外の紫外線対策も併用すると効果的です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

地黒肌のありがたみは30代以降に実感できる 若いうちから心がけるべきこと

デメリットが多そうに思える地黒肌ですが、実は、紫外線による老化が起こりにくいという素晴らしいメリットがあります。実際ある程度年齢を経たころに、地黒肌の良さを実感する人って多いのですよね。若肌を保つために、地黒肌さんが心がけるべきことについてお話しします。

服を着ていれば日焼けしないというのは間違い

露出部分に日焼け止めを塗っていれば、紫外線対策は完璧。なんてよく聞きますが、実はそうではなく、服に隠れた部分の肌も紫外線の影響を受けます。今回は、服を着ている場合の紫外線の影響と、その対策についてお話しします。

美白を目指す地黒肌さんはリコピンを積極的に摂ろう!

非常に抗酸化力の高いリコピン。最近日焼け止めサプリメントが流行っていますが、リコピンはそれに匹敵するくらいの紫外線防御効果が期待できるといわれています。今回はリコピンの日焼け止め効果と、効率よく摂取する方法についてお話しします。

地黒肌の美白にはサングラスを!普段使いしても恥ずかしくないサングラスをご紹介!

美白ケアに欠かせない、紫外線対策。紫外線対策といえばサングラスは欠かせませんが、どちらかというと日本ではサングラスはファッションであり、利用をためらってしまう方も少なくないはず。そこで今回は身に着けても恥ずかしくない、普段使いできるサングラスをご紹介いたします。

赤ちゃん・幼児だって日焼けする!嫌がる子にも塗りやすい肌に優しい日焼け止めは?

紫外線に害がある事が常識となった今、子供や赤ちゃんの日焼けも気になります。しかし、小さい子に日焼け止めを使っても良いものなのでしょうか?今回は赤ちゃんや子供に日焼け止めを利用することの是非についてお話しするとともに、赤ちゃんでも使える塗りやすい日焼け止めをご紹介いたします。

飲む日焼け止めサプリメントをわかりやすく解説!今一番おすすめの製品は?

これ以上焼きたくない地黒肌さんには欠かせない、日焼け止め。日焼けを防止するためのアイテムですが、最近、日焼け止めサプリメントという言葉をよく聞くようになりました。この日焼け止めサプリメントとは一体、何なのでしょう?どのような効果が期待できるものなのでしょうか?

地黒肌でも日焼け止めは必要!おすすめの日焼け止めをご紹介

日常やレジャーなど、シーン別におすすめの日焼け止めをご紹介!地黒肌だから日焼け止めなんて使っても一緒なのでは。そうお思いの方がおられるかもしれませんが、例えもともと黒かったとしても、日焼け止めは必要です。紫外線に無防備でいると、さらに日焼けしたりシミが出来たり、肌の老化を促進してしまうかもしれません。

色黒・地黒は日焼けしやすい?

普通の肌質の人よりも、日焼けしやすい地黒肌。夏でもないのに黒い・・なんて方、多いのではないのでしょうか?どうせ黒いのだからUV対策なんて意味がないなんてお思いの方もいるかもしれませんが、それは違います。今回は地黒肌が日焼けしやすい理由や、紫外線対策が必要な理由についてお話します。

TOPへ