地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

人よりも肌の色が濃く、また日焼けしやすい地黒肌。

海外では、小麦色の肌の方が健康的で格好良いといわれることも多いですが、 日本では色白肌を良いとする傾向があり、特に肌色の濃さで悩んでいる女性は相当数いるはず。

美白ケアで色白な肌になりたい。

そう考えてはいても、美白ケアという言葉自体が漠然としたものであり、 具体的に何をすればよいのかがわからないという方は少なくありません。

今回は、地黒肌の方が美白ケアを行うにあたって、やるべきことをまとめてみました。



何をさしおいても紫外線対策は徹底する

日焼けしやすい地黒肌の方が、何をさしおいても徹底しなくてはならないのは「紫外線対策」。

紫外線対策をしないで、食事に気を付けたりサプリメントを摂取したり、 美白化粧品を使用していたとしても全く意味がありません。

もともと、地黒の方は肌内部のメラニン色素量が多く、色白な方よりも紫外線の影響を受けて黒くなりやすい傾向にあります。

ほんの少し日差しを浴びただけで、肌色が濃くなってしまうのは、 紫外線の影響を受けやすい証拠です。

時間はかかるかもしれませんが、 紫外線対策を徹底できればそれだけで肌色が明るくなる可能性もありますので、 美白ケアをしたいと思い立ったのなら、まずは正しい紫外線対策の方法を見につけ、実践するようにしましょう。

毎日日焼け止めを塗る

紫外線対策ときいて、一番に思いつくのが日焼け止め。
紫外線を肌表面でカットし、肌内部へはいりこまないようにするためのアイテムです。

美白を心掛けるのなら、日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。

また、外で過ごす時間が長い場合には紫外線カットの効果が長続きするものを、 屋内で過ごす場合には軽めのものを・・といった具合に、状況に応じて日焼け止めの種類を使い分けることが大切です。

注意点としては、日焼け止めは時間が経つにつれて効果が薄れやすいため、 できれば3時間おきくらいに塗り直した方が良いでしょう。

あと、盲点となりがちなのが「目」から入る紫外線。

他の紫外線対策ができていても、目が紫外線から無防備だと、 結果的に体内でメラニン色素の生成が活性化されてしまうため、日焼けしやすくなってしまいます。

サングラスなどで紫外線を遮るようにしましょう。
今はクリアレンズのサングラスなども売られているため、サングラスに抵抗があるという方でも導入しやすいのではと思います。

日焼け止めやサングラスに合わせて、日傘や腕カバーなどのアイテムを用いるようにすれば、完璧です。



飲む日焼け止めサプリメントを取り入れてみる

体の外側からの紫外線対策にプラスして、体の内側から紫外線をケアする「飲む日焼け止めサプリメント」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

飲む日焼け止めサプリメントはその名の通り、日焼けを防止するためのサプリメントです。

肌に入る紫外線をカットする事はできませんが、 紫外線を浴びることで生成されやすいメラニン色素の生成抑制や、活性酸素を除去する作用によって、 紫外線ダメージを抑える効果が期待できます。

日焼け止めを塗っていたとしても、数時間ごとの塗り直しが出来なかったり、 塗りムラがあったりして紫外線の影響を受けてしまうことって結構ありますよね?

しかし日焼け止めにプラスして「飲む日焼け止めサプリメント」を併用していれば、 日焼け止めの隙間をかいくぐって肌に入った紫外線の影響を、できるだけ抑えることができます。

予算に余裕があるのなら、是非とも取り入れて欲しい紫外線対策アイテムだといえるでしょう。



美白化粧品を毎日のスキンケアに取りいれる

紫外線対策が万全に行えるようになったら、美白化粧品を毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

美白化粧品は、美白成分を含む化粧品のこと。
化粧水やクリーム、美容液など多種多様な化粧品が販売されています。

美白化粧品と一口にいっても、そこに含まれる美白成分は様々であり、 その作用の強さも成分によって異なります。

もともと、ある程度肌色が濃い方が利用する美白化粧品としては、ビタミンC誘導体を使った製品か、 積極的に美白ケアを行いたいのならハイドロキノン化粧品がおすすめです。

多くの美白成分が、シミの元となるメラニン生成抑制を目的としているのに対し、 ビタミンC誘導体やハイドロキノンにはメラニン生成抑制のほか、 すでにある黒色メラニンを無色のメラニンに還元する作用も持ちます。

他の美白成分を含む化粧品が効果が期待できないというわけではありませんが、 地黒肌の方の美白化粧品には、前述した成分を含む製品が適しているといえるでしょう。

ただし、ハイドロキノンは使い方を間違えると副作用が起きる恐れもあるため、 必ずその性質を理解したうえで、使いはじめることをおすすめいたします。

特にハイドロキノン使用時は徹底的に紫外線を避ける必要があるため、日差しを浴びる機会が多い方はハイドロキノンではなく、 ビタミンC誘導体の化粧品を利用するようにした方が良いかもしれません。



ビタミンCやLシステインを摂取しよう

美白ケアを心がけるのなら、体内からもアプローチするようにしてみましょう。

おすすめなのは、ビタミンCやLシステインといった成分。
これらの成分は相乗的に作用するため、両方を含んだサプリメントの摂取が理想です。

特に、Lシステインにはメラニン生成を抑制したり、肌の代謝を整えるなど、 美白ケアには欠かせない様々な作用が期待できます。

特に効果的に摂取したいのなら、医薬品に分類される製品がおすすめです。

医薬品に分類される美白薬は、Lシステインの他に美白ケアに必要なビタミン群や、Lシステインと相性の良い成分が組み合わせられており、 しっかりとした効果を期待できます。

もちろん色白肌を目指すのなら、日ごろからバランスの良い食生活を心掛けることが大切ですが、 毎回バランスよい食事をとるのが難しいという方に、サプリメントは心強いアイテムだといえるでしょう。



まとめ

上記にあげたすべてを実践するのは、コスト的に難しいという方もおられるかもしれません。 特に美白化粧品やサプリメントは、製品によっては高額なものも存在します。

様々なアイテムを取り入れた方が、様々な角度からケアを行えるため効果的ではありますが、 そうはいってもあれもこれもできない・・なんて場合は、まず紫外線対策を徹底するように心がけましょう。
まだ肌の新陳代謝が活発な若い世代であれば、 年中通して紫外線対策を行うだけでも、色白肌に近づける可能性はあります。

美白ケアで大切なのは、長く続けることです。
いくらお金をかけたとしても、続けられなければ意味がありません。

紫外線対策を徹底したうえで、余裕があれば美白化粧品を、 さらにコストをかけられるのならサプリメントを・・といった具合に、無理のない範囲で取り入れてみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビーグレンのハイドロキノンクリームをレビュー 顔全体に使えるハイドロキノン

ビーグレンが販売するハイドロキノン、QuSomeホワイトクリーム1.9をレビュー。QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地や、お手頃に試せるトライアルキットの中身をご紹介しています。

地黒肌でも美白点滴・注射で色白肌になれる?

美白点滴、美白注射ってご存知でしょうか?その時の通りの点滴、注射で美容クリニックなどで受けられます。地黒肌の美白にも効果は期待できるようですので、費用が問題にならなければおすすめのメニューです。

地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

肌が黒くなりやすい、地黒肌。美白ケアを開始したいけれど、何から始めたらよいのか分からない・・なんて方のために、美白ケアでやるべきことについてまとめてみました。

20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

若いころから美白に関心がある方がいる一方で、若いから大丈夫と紫外線に無防備な方もいますが、若い頃に紫外線を沢山浴びると、30代前後位にシミが出やすくなります。今回は、シミのない若い方でも美白ケアを心がけた方が良い理由と、20代の若い世代に向く美白ケアについてお話しします。

地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

効果のある美白成分は?と聞かれて思い浮かぶのはハイドロキノン。特に色白肌よりも黒くなりやすい地黒肌さんにはおすすめの成分ですが、実はハイドロキノンだけだと、美白ケアの効果が出るまでに結構時間がかかります。今回は、ハイドロキノンの効果を少しでも早く実感するためのケア方法についてお話しいたします。

美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

美白化粧品でシミを消す事ができるとお思いの方は少なくないようですが、それは間違い。美白化粧品でシミは消せません。その理由についてわかりやすく解説とともに、シミを消す方法についても触れています。

地黒肌の全身美白!体の美白に最適な方法は?

顔の美白は化粧品を使用しますが、日焼けしたりシミが出来るのは顔だけではありません。特に日焼けしやすい地黒肌の場合、顔だけでなく腕やデコルテも美白したいところですが、美白化粧品は高価。気軽に体に使えるものではありません。今回は、顔ではなく体の美白方法についてお話ししたいと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

美白にビタミンC化粧品。今や常識ですが、ビタミンC化粧品と一口に言ってもピンからキリまで様々なものがあります。今回は、ビタミンC化粧品を選ぶ際に知っておきたいことについて解説するとともに、地黒肌の美白ケアにおすすめしたい、強力なビタミンC化粧品をご紹介します。

地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

地黒肌を何とか色白にしたい。でも何をやっても白くならない・・。そんな方に試していただきたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品。今回はハイドロキノンの働きやその効果、地黒肌におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

地黒の人に美白化粧品は意味がない?それともある?

もともと黒い地黒肌。美白化粧品なんて使ってもあまり意味はなさそうです。しかし実際には、地黒だと思っていたけれど美白を根気よく続けていたら色白になった・・なんて方は結構います。本当のところ、地黒肌に美白化粧品は意味があるのでしょうか?それとも本当に意味がないのでしょうか?

TOPへ