地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

地黒だから美白なんて意味がない。
なんて考えている方は少なからずおられるのではと思いますが、本当に意味がないのでしょうか?

元々肌の色が濃い場合、それ以上に明るくすることは難しいですが、色白は難しくても明るめの肌を保つ事や目指す事は可能です。

今回は地黒の方が、「ビタミンC」を使った化粧品を美白に活用する方法についてお話しします。



シミ・くすみ肌にビタミンCを活用! 効果あるの?

美白効果を謳う化粧品の成分として、ビタミンCを用いる例は少なくありませんが、 そもそもなぜビタミンCが美白ケアに活用されるのでしょうか?

ビタミンCが活用される一番の理由としては、メラニンの生成を抑制する作用が期待できるという点があげられるでしょう。 その他にも皮脂分泌を調整したり、コラーゲンの生成を促す働きなど、美容に効果的だと思われる性質も持っています。

化粧品の成分としては比較的安価であること、また昔から馴染みのある成分であるため、 配合しやすいという理由もあるでしょう。
【ビタミンC化粧品の主な働き】

・メラニンの生成を抑制
・コラーゲンの生成を促す
・皮脂分泌を調整
・毛穴を引き締める効果

ちなみに化粧品に含まれるビタミンCは、主にビタミンC誘導体と呼ばれるものです。

ビタミンC誘導体が利用される理由としては、純粋なビタミンCの不安定さにあります。 純粋なビタミンCは肌に浸透させづらいばかりか成分が安定せず、 逆に肌にとって害となってしまう可能性さえあるのです。

一方で、ビタミンC誘導体は純粋なビタミンCよりも肌に浸透させやすく、 また酸化しづらいために安定した効果を保ちやすいというメリットがあります。

ビタミンC誘導体と一口に言っても様々なタイプの成分が存在しますが、 特に最近は、持続性や浸透性において非常に優れた機能を持つビタミンC誘導体も登場しています。

当然、ビタミンC誘導体の種類によって効果には大きな差があること、 さらにかかるコストも大きく異なるため、自分の予算や用途にあったビタミンC誘導体を含む化粧品を選ぶことが大切です。



ビタミンC誘導体はそのままでは肌で効果を発揮できない

ビタミンCを化粧品として使うのなら、ビタミンC誘導体という形で利用するのが良いといわれていますが、 しかしビタミンC誘導体なら何でもよいのかというと、そんな事はありません。

純粋なビタミンCよりも浸透性・安定性に優れたビタミンC誘導体ですが、 実はビタミンC誘導体を肌に使用しても、そのままの形ではビタミンCを活用することはできません。

ビタミンCの効果を得るためには、皮膚内に存在する「酵素」によって、 ビタミンC誘導体からビタミンCを切り離さなくてはなりません。

酵素はもともと人の皮膚内に存在しているもので、人によって酵素の多い少ないがあること、 また人の皮膚内に存在している酵素では、ビタミンCを取り出すことができないビタミンC誘導体も存在するため、 利用する化粧品によっては全くビタミンCの恩恵を得られないものもあるなど、注意が必要。

特に普通よりも日焼けしやすい地黒の方は、しっかりとした効果が期待できるビタミンC配合化粧品を選ぶ必要があります。

多少コストはかかりますが、安価な化粧品を買って使ったとしても効果が得られないとあっては、それこそ安物買いの銭失いになってしまいます。



地黒肌の美白に向くビタミンC誘導体は?

ビタミンC誘導体といってもいろいろあると述べましたが、 主には水溶性、油溶性の性質を持ったビタミンC誘導体が存在しており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

例えば水溶性ビタミンC誘導体は比較的浸透性が高く即効性もありますが、効果が持続しにくいという欠点があります。 水溶性ビタミンC誘導体の種類によっては、ビタミンCの効果が殆ど得られないものもあったりするのです。

そして油溶性ビタミンCは比較的効果が持続しやすいものの、即効性がありません。 さらにいずれの成分も紫外線に弱く、環境によっては効果がなくなってしまいやすいという欠点があります。

ここまで読んで、ビタミンC誘導体ってイマイチなのでは・・と思われた方もおられるかもしれませんが、 ビタミンC誘導体には、ほかにも両親媒性ビタミンC誘導体と呼ばれる「APPS(アプレシエ)や、 最近出てきた「APIS」が存在します。

これら「APPS(アプレシエ)」や「APIS」は、 水溶性と油溶性の両方のメリットを持ちあわせたビタミンC誘導体で、高い浸透性と安定性を持ちあわせています。

分かりやすくいうと、APPSの浸透力は一般的なビタミンC誘導体の100倍、APISにおいては200倍の浸透力を誇るなどその差は歴然。

特に最近開発された「APIS」は、他のビタミンC誘導体よりも皮膚内で酵素によってビタミンCへと変換されやすく、 ビタミンCの恩恵を得られやすいという特徴があります。

以上の事から、ビタミンC誘導体を含む化粧品を美白ケアに利用するのなら、 「APPS」か「APIS」を配合した化粧品が好ましいといえるでしょう。
APISAPPS > 油溶性ビタミンC誘導体 > 水溶性ビタミン誘導体

※左に行くほど浸透力が高く、肌の内部でビタミンCに変換されやすい

なお、APISは本当につい最近出てきたビタミンC誘導体であるため、どちらかというとまだAPPSの方が主流な感があります。

APPSに比べてAPISは配合化粧品がまだそれほど多くはないこと、また価格が高めな傾向がありますが、 体内でビタミンCに変換されやすい分、効果はAPISの方が出やすいといえます。

様々な化粧品から選択したいのならAPPSが良いですが、効果を最重要視するのなら、APIS配合化粧品がおすすめです。



APPS、APISを配合したビタミンC化粧品のおすすめは?

APPS、もしくはAPISを配合するビタミンC化粧品を使ってみたい。
しかしどれを選んだら良いのかわからない・・という方のために、おすすめのAPPS、APIS配合化粧品をご紹介します。

中には、メーカーが独自に開発した両親媒性ビタミンC誘導体を使った製品などもあり、 その特徴や性質はさまざま。

特に地黒肌さんには、スポット的な美白化粧品ではなく、顔全体に利用できるタイプの製品がおすすめです。 加えて、予算的に長く使い続けられるビタミンC化粧品を選ぶようにしましょう。


シーボディ プラチナVCスターターセット

両親媒性のビタミンC誘導体「APIS」を配合した、透明感のある若々しいお肌のための化粧品。

通常のビタミンC誘導体の200倍もの浸透力を誇るAPISに加え、先進ペプチド成分やプラチナナノコロイド、 アルブチン・植物エキス、プラセンタエキス、ケイ素など、美白とコラーゲンケアのための成分を豊富に配合しています。

30代以降のエイジングと美白を意識したケアを行いたい方に最適な、無添加処方の化粧品です。

現在、APISを含む美容液やローションを含む「プラチナVCスターターセット」を 通常よりもお安く提供中。APISを7日間試すことができます。

初回限定、送料無料、返金保証ありの特典付きです。
次回本製品の購入に利用出来る、20%オフのクーポンもついてきます。



サイクルプラス

APPSパウダーと化粧水の2剤式を採用した、「サイクルプラス エンリッチローション」。

使いはじめる直前にAPPSパウダーを混ぜることにより、劣化のない新鮮なAPPSを肌に届ける事ができます。

APPSのほか、5種のヒアルロン酸やEGF様ペプチド、FGF様ペプチドを配合。

一般的にAPPS化粧品自体が高価な傾向にある中、贅沢な成分を配合しているのにもかかわらず、良心的な価格を実現した製品です。

現在、APPSの「サイクルプラス エンリッチローション」に、シリーズの化粧品サンプルをセットにした「お試しセット」を初めての方のみ送料無料、割引価格で試すことができます。



APP-Cフラ セラム

広尾プライム皮膚科とメーカーとの共同開発により登場した、両親媒性ビタミン誘導「APPS」配合のドクターズコスメ

APPSに加えて、美白化粧品ではよく見られるフラーレンも高濃度に配合しています。

APPSならではのビタミンC効果に加えて、シミやくすみの大敵である活性酸素除去のサポートが期待できる製品です。

現在、定期コースだと1回目、1回目ともに割引価格で購入可能。

ただし定期だと安く買えるかわりに4回以上の継続が必要となるため、単純に試してみたいだけという方には少々お高くなってしまうのですが、通常購入価格での購入をおすすめします。





両親媒性のビタミンC誘導体の「APPS」や「APIS」を配合した化粧品は、 よく見かけるビタミンC誘導体配合の化粧品と比較して、価格が高い場合がほとんど。

実際、価格を見てちょっと高いなあと思われた方も少なくないかもしれません。

しかし効果があってこその化粧品です。
効果が感じられない、またはほとんどない化粧品を利用し続けることの方がよほど無駄だと思います。

自分にあった化粧品がどういったタイプなのかを見極めたうえで、 効果的にビタミンC化粧品を美白に活用しましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビーグレンのハイドロキノンクリームをレビュー 顔全体に使えるハイドロキノン

ビーグレンが販売するハイドロキノン、QuSomeホワイトクリーム1.9をレビュー。QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地や、お手頃に試せるトライアルキットの中身をご紹介しています。

地黒肌でも美白点滴・注射で色白肌になれる?

美白点滴、美白注射ってご存知でしょうか?その時の通りの点滴、注射で美容クリニックなどで受けられます。地黒肌の美白にも効果は期待できるようですので、費用が問題にならなければおすすめのメニューです。

地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

肌が黒くなりやすい、地黒肌。美白ケアを開始したいけれど、何から始めたらよいのか分からない・・なんて方のために、美白ケアでやるべきことについてまとめてみました。

20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

若いころから美白に関心がある方がいる一方で、若いから大丈夫と紫外線に無防備な方もいますが、若い頃に紫外線を沢山浴びると、30代前後位にシミが出やすくなります。今回は、シミのない若い方でも美白ケアを心がけた方が良い理由と、20代の若い世代に向く美白ケアについてお話しします。

地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

効果のある美白成分は?と聞かれて思い浮かぶのはハイドロキノン。特に色白肌よりも黒くなりやすい地黒肌さんにはおすすめの成分ですが、実はハイドロキノンだけだと、美白ケアの効果が出るまでに結構時間がかかります。今回は、ハイドロキノンの効果を少しでも早く実感するためのケア方法についてお話しいたします。

美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

美白化粧品でシミを消す事ができるとお思いの方は少なくないようですが、それは間違い。美白化粧品でシミは消せません。その理由についてわかりやすく解説とともに、シミを消す方法についても触れています。

地黒肌の全身美白!体の美白に最適な方法は?

顔の美白は化粧品を使用しますが、日焼けしたりシミが出来るのは顔だけではありません。特に日焼けしやすい地黒肌の場合、顔だけでなく腕やデコルテも美白したいところですが、美白化粧品は高価。気軽に体に使えるものではありません。今回は、顔ではなく体の美白方法についてお話ししたいと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

美白にビタミンC化粧品。今や常識ですが、ビタミンC化粧品と一口に言ってもピンからキリまで様々なものがあります。今回は、ビタミンC化粧品を選ぶ際に知っておきたいことについて解説するとともに、地黒肌の美白ケアにおすすめしたい、強力なビタミンC化粧品をご紹介します。

地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

地黒肌を何とか色白にしたい。でも何をやっても白くならない・・。そんな方に試していただきたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品。今回はハイドロキノンの働きやその効果、地黒肌におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

地黒の人に美白化粧品は意味がない?それともある?

もともと黒い地黒肌。美白化粧品なんて使ってもあまり意味はなさそうです。しかし実際には、地黒だと思っていたけれど美白を根気よく続けていたら色白になった・・なんて方は結構います。本当のところ、地黒肌に美白化粧品は意味があるのでしょうか?それとも本当に意味がないのでしょうか?

TOPへ