美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

高い美白化粧品を使ったら、すぐにシミは消える。
そう思い込んでいる方、意外と多いようです。

が、実はそれは間違い。
高い美白化粧品を使ったからといって、すぐにシミが消えることはまずありませんし、もし消えるとしても気が遠くなるような長い時間がかかります。

なぜ、美白用の化粧品なのにシミを消すことができないのでしょうか?



シミができる仕組み

シミができる仕組みをご存知でしょうか?

よく、紫外線を浴びて日焼けしてしまうとシミができやすくなるといわれますが、それはその通りで、 紫外線を浴びると肌の奥にある色素細胞メラノサイトから、メラニンと呼ばれる物質が生成されます。

このメラニンが生成されるのは、肌を紫外線の害から守るため。

肌が紫外線ダメージを受ける代わりにメラニンがそのダメージを引き受けることで、 細胞の核が傷つくのを防いでくれるのです。

メラニンが生成されるのは、なにも紫外線を浴びた時だけではありません。
皮膚が外部から刺激をうけたり、体内で活性酸素が発生したときにもメラニンが生成されやすくなります。

生成される理由は、紫外線を浴びた時と同じように細胞を守るため。
悪者にされがちなメラニンですが、肌の健康を保つのに大切な役割を担っているのです。

そんなメラニンですが、過度に紫外線を浴びたり皮膚に刺激を受けてしまうと、 メラノサイトが活性化され、沢山のメラニンが生成されます。

メラニン自体は肌を守ってくれるものであるため、生成されることに害はありませんが、 あまりに作られる量が多いと、肌のターンオーバーで排出しきれなくなります。

そうして排出しきれなかったメラニンが、やがてシミとなって表れるのです。
旅行やレジャーなどで、過度に紫外線を浴びたあとにシミが出来やすくなるのは、主に上記のような理由です。

通常、生成されたメラニンは肌のターンオーバーと共に排出される

ちなみに年齢を経ると、誰しもシミが出来やすくなりますが、 それは老化によって肌のターンオーバーのサイクルが乱れがちになるため。

若いころなら新陳代謝が活発であるため、少々肌が日焼けしたとしてもすぐに回復しますが、年齢を経るほどその働きが鈍くなります。

代謝が悪くなって肌のターンオーバーのサイクルが遅くなり、メラニンが肌に残りやすくなってしまうのです。

若いころから紫外線に無防備であった場合も、メラノサイトがちょっとした刺激で活性化されやすくなっているため、 歳を取ってからそのツケがでやすくなります。

年齢関係なく、紫外線対策は必要なのです。



美白化粧品でシミが消えない理由は?

シミができても美白化粧品を使えばなんとかなる。
そう考えている方もおられるようですが、そう簡単にはいきません。

美白化粧品と一口にいっても様々なタイプ、成分の化粧品が存在しますが、 大抵の製品にはメラニン生成を抑制する働きを持つ成分が配合されています。

メラニン生成を抑制するその仕組みについてはおいておくとして、 化粧品に含まれる成分によってメラニンが作られないようにすることで、シミの原因を元から断ちます。

そういったことを単純に考えると、美白化粧品を使っていればシミができにくくなると解釈できますよね。

しかし、それはあくまでもこれからできるであろうシミに対するもの。
すでにできているシミはどうなるのでしょうか?

美白化粧品を使うことによって今後のメラニン生成を抑制できたとしても、 すでに生成されたメラニン(シミ)に対して、化粧品の成分が働きかけることはできません。

となると、すでにあるシミは消えないという事になります。
これが、美白化粧品ではシミは消せないといわれる理由です。



すでにあるシミは美白化粧品では絶対に消せない?

美白化粧品でシミを消すことは難しいです。
しかし、出来たシミが絶対に消えないかというと、そんな事はありません。

人間の肌は常にターンオーバーを行うことで新しく生まれ変わっています。
肌のターンオーバーによってメラニンが少しづつ排出されていくことにより、今あるシミが薄くなる可能性はあります。

しかし、それには今あるシミをこれ以上濃くしないこと、 いわゆるメラニンを蓄積させないような環境に肌をおくことが重要になってきます。

美白化粧品でシミを消すことはできませんが、化粧品でこれ以上シミを濃くしないようメラニン生成を抑え、 メラニン生成を促さないよう紫外線対策などを徹底することで、今あるシミを少しづつ薄くしていくことは可能です。

もちろん、シミといっても程度がありますので、その程度によっては どのくらいの期間かかるかわかりませんし、完全に消えてくれない可能性もあります。

即効性を求めるのなら、レーザーでシミ治療を行うくらいしか手はないでしょう。

しかし、最近できた薄いシミであれば、 きちんとしたお手入れを行うことで比較的早く、またシミがあったとはわからない位の状態へ持っていくことはできるはずです。

以上より、あくまでも多くの美白化粧品はシミが薄くなるための環境を作り出すものであって、 シミに直接アプローチするものではないということを頭に留めておきましょう。

シミが出来そうだなと感じたり、もしくはできてしまったという場合は放っておいてはいけません。 出来るだけ早く、対処することが大切です。



一部、メラニン還元作用(シミにアプローチ)を持つ美白成分も存在する

多くの美白化粧品はメラニン生成抑制を目的とするものですが、 一部の美白成分のみメラニン生成抑制だけではなく、メラニンの還元作用を持つようなものも存在します。

メラニンの還元とは、いわゆるすでにあるシミにアプローチするという事。

そういった作用を持つ成分が配合された化粧品であれば、 メラニン生成抑制を目的とする美白化粧品よりも、シミ改善をスピードアップさせられる可能性はあります。

例えば、一般的に馴染みの深い「ビタミンC誘導体」はメラニンの還元作用を持つとされますし、 美容皮膚科でのシミ治療に使われる事が多い「ハイドロキノン」も、メラニン生成抑制だけではなく還元作用を持ちます。

ただし、ビタミンC誘導体は種類によってはあまり効果がないこと、 またハイドロキノンは一般的な美白成分に比べると刺激が強く、副作用が起こる可能性もあります。

特にハイドロキノンは気軽に利用するとはいかないところですが、 最近は構造を工夫することによって使いやすく改良した市販品なども登場しています。

皮膚科に通わずにハイドロキノンを利用したいというのであれば、そういったものを検討すると良いでしょう。


ビタミンC誘導体や、ハイドロキノンを使った美白化粧品については、以下で詳しく触れていますので、 あわせてご覧下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビーグレンのハイドロキノンクリームをレビュー 顔全体に使えるハイドロキノン

ビーグレンが販売するハイドロキノン、QuSomeホワイトクリーム1.9をレビュー。QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地や、お手頃に試せるトライアルキットの中身をご紹介しています。

地黒肌でも美白点滴・注射で色白肌になれる?

美白点滴、美白注射ってご存知でしょうか?その時の通りの点滴、注射で美容クリニックなどで受けられます。地黒肌の美白にも効果は期待できるようですので、費用が問題にならなければおすすめのメニューです。

地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

肌が黒くなりやすい、地黒肌。美白ケアを開始したいけれど、何から始めたらよいのか分からない・・なんて方のために、美白ケアでやるべきことについてまとめてみました。

20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

若いころから美白に関心がある方がいる一方で、若いから大丈夫と紫外線に無防備な方もいますが、若い頃に紫外線を沢山浴びると、30代前後位にシミが出やすくなります。今回は、シミのない若い方でも美白ケアを心がけた方が良い理由と、20代の若い世代に向く美白ケアについてお話しします。

地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

効果のある美白成分は?と聞かれて思い浮かぶのはハイドロキノン。特に色白肌よりも黒くなりやすい地黒肌さんにはおすすめの成分ですが、実はハイドロキノンだけだと、美白ケアの効果が出るまでに結構時間がかかります。今回は、ハイドロキノンの効果を少しでも早く実感するためのケア方法についてお話しいたします。

美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

美白化粧品でシミを消す事ができるとお思いの方は少なくないようですが、それは間違い。美白化粧品でシミは消せません。その理由についてわかりやすく解説とともに、シミを消す方法についても触れています。

地黒肌の全身美白!体の美白に最適な方法は?

顔の美白は化粧品を使用しますが、日焼けしたりシミが出来るのは顔だけではありません。特に日焼けしやすい地黒肌の場合、顔だけでなく腕やデコルテも美白したいところですが、美白化粧品は高価。気軽に体に使えるものではありません。今回は、顔ではなく体の美白方法についてお話ししたいと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

美白にビタミンC化粧品。今や常識ですが、ビタミンC化粧品と一口に言ってもピンからキリまで様々なものがあります。今回は、ビタミンC化粧品を選ぶ際に知っておきたいことについて解説するとともに、地黒肌の美白ケアにおすすめしたい、強力なビタミンC化粧品をご紹介します。

地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

地黒肌を何とか色白にしたい。でも何をやっても白くならない・・。そんな方に試していただきたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品。今回はハイドロキノンの働きやその効果、地黒肌におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

地黒の人に美白化粧品は意味がない?それともある?

もともと黒い地黒肌。美白化粧品なんて使ってもあまり意味はなさそうです。しかし実際には、地黒だと思っていたけれど美白を根気よく続けていたら色白になった・・なんて方は結構います。本当のところ、地黒肌に美白化粧品は意味があるのでしょうか?それとも本当に意味がないのでしょうか?

TOPへ