地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

美容皮膚科でも処方される事の多い、美白成分のハイドロキノン。

シミに悩む色白肌の方はもちろん、地黒の美白ケアにも一押しの成分ですが、 実はハイドロキノンのみの利用だと、効果が実感できるまでに時間がかかりやすいということご存知でしょうか。

一般的に、美容皮膚科ではハイドロキノンの他に「トレチノイン」と呼ばれるクリームが処方されることが殆ど。 ハイドロキノンをトレチノインと一緒に利用することで、比較的短期でのシミ治療が可能となるのです。

ただし、トレチノインにはハイドロキノン以上にきつい副作用があります。
見た目にも見苦しくなりやすいので、利用には結構な覚悟がいると考えた方が良いでしょう。

私自身は接客する仕事についていたこと、また周りに美白ケアを行っていることを知られたくなかったので、 トレチノインを利用するという選択肢はありませんでした。(それくらい、ひどい状態になる場合があります)

しかしハイドロキノンのみだと時間がかかってしまう・・・

そこで私が選んだのが、ピーリングとの組み合わせです。



まずはハイドロキノンとトレチノインの働きについて理解する

ピーリングについてお話しするまえに、簡単にハイドロキノンとトレチノインの働きについてお話ししておきます。

知っているから説明はいらない、ハイドロキノンとピーリングの効果について教えてという方はピーリングとハイドロキノンの組み合わせ、効果あるの?をご覧ください。

ハイドロキノンは、シミ治療にも採用されている美白成分で、 メラノサイトからのメラニン生成を強力に抑える作用があります。

美白成分というと、他にも様々な成分が存在しますが、 例えばアルブチンなどと比較した場合、10~100倍ものメラニン抑制効果があるといわれています。
一方でトレチノインは、細胞を活発に増殖させ肌のターンオーバーを早める作用があります。

根深いシミのように、肌の深い所にメラニン色素が沈着してしまっている場合、 美白化粧品を使ってもそのメラニンを外部へ排出することは難しいのですが、 トレチノインを利用すればそのメラニンを押し上げ、排出させることができます。


肌の深部にあるメラニンが表皮に押し上げられていくイメージ

メラニンを排出できるなんて聞くと、トレチノインだけで十分に美白効果あるのでは?と思ってしまいますよね。

しかし、トレチノインを利用すると肌のターンオーバーを早める代償として炎症がおこったり、 ひどい皮剥けなどが起こりやすくなるため、肌が見た目に大変な感じになってしまうのですよね。

また、炎症によってメラニンが生成されることによる色素沈着も起こりやすくなるため、 メラニン生成を抑制するハイドロキノンを併用するのです。
【ハイドロキノンとトレチノインそれぞれの作用】

・トレチノイン・・・ 肌のターンオーバーを促進させ、肌の深部のメラニンを排出
・ハイドロキノン・・・ トレチノインの利用による色素沈着を防ぐために、メラニン生成を抑制
ハイドロキノンでメラニン生成を抑制しながら、肌のターンオーバーでメラニンを排出したあとに、 生まれ変わった肌はシミが消えた、もしくは薄くなったきれいな肌というわけです。

これがハイドロキノンのみだと、肌の深い所にあるメラニンが排出されるまでにはかなり時間がかかってしまいます。 といっても一般的な美白成分などよりは、よほど効果があるとは思うのですけどね。



トレチノインは副作用が強い

ここまで読んで、ハイドロキノンとトレチノイン、美白に良さそうだなあと思った方もおられるかもしれませんが、 ハイドロキノンとトレチノインを利用するパターンというのは、はっきりとしたシミがある場合がほとんど。

普通は、トレチノインはシミのある部分のみに利用します。
なぜなら、先ほども述べたように副作用が強く出てしまう恐れがあるからです。

仮に顔全体に使用したとして、ひどい副作用が起きたとしたら目も当てられませんし、 そもそもトレチノインは日本では市販されていませんので、ハイドロキノン入り化粧品のように気軽には買えないのですよね。

ゆえに、できるだけ穏やかな美白ケアを行いたいのなら、ハイドロキノン単体を利用するしかないという結論に落ち着いてしまうのです。



トレチノインなしで、ハイドロキノンの効果を早く出す方法はない?

先に述べたように、ハイドロキノンのみでは効果を実感できるまでにはある程度時間がかかります。 特に加齢などで肌のターンオーバーのサイクルが長くなっている場合、余計に時間がかかるでしょう。

しかし、トレチノインは気軽に利用するような成分ではありません。
となると、ハイドロキノン単体で利用するしかなく・・

ただ、私自身が市販のハイドロキノンのみでケアを起こっていたは時、なかなか効果が感じられなかったのですよね。
やはり地黒だから時間がかかるのかな・・なんて諦めモードの日々を送りながら、 良い方法はないものだろうかとネットをくまなく調べながら最終的に行き着いたのが、ピーリングです。

ピーリングって何?

ピーリングとは、古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを正常に持っていくケアの事。

ここでいうピーリングは、クリニックなどで行うケミカルピーリングのような本格的なものではなく、 自宅で行える気軽なピーリングの事です。

トレチノインのように肌のターンオーバーを早める作用は期待できませんが、 古い角質を取り除くことで肌の生まれ変わりをスムーズにする効果は期待できます。

そもそも、古い角質がたまった肌では、どんな化粧品を使ってもその効果は半減してしまいます。 それはハイドロキノンあっても同じであるはずです。

ピーリングとハイドロキノンの組み合わせ、効果あるの?

個人差はあると思いますが、私自身はハイドロキノン単体で利用していた時には変化を感じられなかったのが、 ピーリングを組み合わせるようになってから、さほど時間をおかずに色が白くなったと実感できるようになりました。

まあ、時間をおかずにとはいっても最初にハイドロキノン単体を4カ月ほど使用し、 そのあとピーリングが良いと気づき、ピーリングを組み合わせてハイドロキノンを2カ月以上は続けていますから、即効性があるとは言えません。

でも、他の美白化粧品の利用と比較した場合、 ハイドロキノンとピーリングの組み合わせによる効果には期待できるはずです。



ハイドロキノンとピーリングで美白ケア!おすすめの製品は?

ハイドロキノンとピーリングを組み合わせたケアを行いたい。
そんな場合に利用したい、おすすめのハイドロキノンやピーリング製品をご紹介します。

ちなみにピーリングは、肌をこすって角質を落とすタイプの製品ではなく、石けんやフォームタイプの泡でピーリングするタイプの製品がおすすめ。

肌を必要以上にこすらずにすむため、敏感肌の方にも比較的使いやすいです。
あと、ハイドロキノンについては 「地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介」 で、使い方や副作用などについて解説していますので、あわせてご覧いただく事をおすすめします。


ビーグレン ホワイトケア シリーズ

米国発の先端サイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」が販売するホワイトケアシリーズ。

古い角質を取りさるクレイウォッシュやローション、ピーリング効果が期待できるCセラム、 低刺激・高浸透性を実現したハイドロキノンクリームなど、美白に効果的なラインアップを組み合わせたシリーズです。

トライアルセットは、全国どこへでも送料無料、365日間返品・返金保証付きであるため、安心して試せるのではないでしょうか。

ハイドロキノンは顔全体に使えます。
私自身も使っているおすすめの製品です。




セルピュア ブライトニングクリスタル

東京銀座スキンケアクリニックの皮膚科医が監修したドクターズコスメ「ブライトニングクリスタル」。 5%という比較的濃度の高いハイドロキノンクリームです。

ハイドロキノンに加えて、ピーリング作用を持つサリチル酸を配合。 ハイドロキノンとピーリングのケアをこれ1つで行うことができます。

ハイドロキノンは劣化しやすいという欠点がありますが、 本製品は未開封では12か月以上もの常温保存が可能となるなど、ハイドロキノン初心者にも扱いやすい製品です。

量が少ないので、顔全体よりも部分使いに向いています。




セルピュア ピーリングフォーム

先の製品と同じく、皮膚科医が監修したドクターズコスメ「セルピュア」のピーリングフォームです。

自宅でクリニックレベルのピーリングを行うことができます。 弱酸性であるため、敏感肌の方にも使いやすいピーリング剤です。

泡で出てくるボトル入りで、最後まできれいに使える点も○。

本製品には美白成分は含まれないため、ハイドロキノン製品との組み合わせがおすすめです。




スキンピールバー ハイドロキノール

有名なドクターズコスメ「サンソリット」の、ピーリングソープ。

AHAやBHAによるピーリング成分と、ハイドロキノンを配合した美白のためのソープです。

ハイドロキノンが配合されてはいますが、その濃度は高くはないため、 他メーカーのハイドロキノンクリームなどとの組み合わせ利用がおすすめ。

顔だけではなく全身のケアに使えます。





ハイドロキノンとピーリングを組み合わせる場合の注意点

最後に、ハイドロキノンとピーリングを組み合わせる場合の注意点について。

言うまでもありませんが、ピーリングは肌の古い角質を取り去るケアであるという性質上、肌に刺激を与える可能性があります。

そこに刺激が強いといわれるハイドロキノンを利用するわけですから、特に敏感肌の方の場合は慎重に行う必要があることを頭に留めておいてください。

私自身は刺激を感じたことは一度もありませんでしたが、肌が弱い方は利用前にパッチテストを行うようにすると安心です。

またテストでなんともなかったとしても、使い続けるうちに刺激を感じることがあるかもしれません。合わないと思ったら利用を中止してください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビーグレンのハイドロキノンクリームをレビュー 顔全体に使えるハイドロキノン

ビーグレンが販売するハイドロキノン、QuSomeホワイトクリーム1.9をレビュー。QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地や、お手頃に試せるトライアルキットの中身をご紹介しています。

地黒肌でも美白点滴・注射で色白肌になれる?

美白点滴、美白注射ってご存知でしょうか?その時の通りの点滴、注射で美容クリニックなどで受けられます。地黒肌の美白にも効果は期待できるようですので、費用が問題にならなければおすすめのメニューです。

地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

肌が黒くなりやすい、地黒肌。美白ケアを開始したいけれど、何から始めたらよいのか分からない・・なんて方のために、美白ケアでやるべきことについてまとめてみました。

20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

若いころから美白に関心がある方がいる一方で、若いから大丈夫と紫外線に無防備な方もいますが、若い頃に紫外線を沢山浴びると、30代前後位にシミが出やすくなります。今回は、シミのない若い方でも美白ケアを心がけた方が良い理由と、20代の若い世代に向く美白ケアについてお話しします。

地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

効果のある美白成分は?と聞かれて思い浮かぶのはハイドロキノン。特に色白肌よりも黒くなりやすい地黒肌さんにはおすすめの成分ですが、実はハイドロキノンだけだと、美白ケアの効果が出るまでに結構時間がかかります。今回は、ハイドロキノンの効果を少しでも早く実感するためのケア方法についてお話しいたします。

美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

美白化粧品でシミを消す事ができるとお思いの方は少なくないようですが、それは間違い。美白化粧品でシミは消せません。その理由についてわかりやすく解説とともに、シミを消す方法についても触れています。

地黒肌の全身美白!体の美白に最適な方法は?

顔の美白は化粧品を使用しますが、日焼けしたりシミが出来るのは顔だけではありません。特に日焼けしやすい地黒肌の場合、顔だけでなく腕やデコルテも美白したいところですが、美白化粧品は高価。気軽に体に使えるものではありません。今回は、顔ではなく体の美白方法についてお話ししたいと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

美白にビタミンC化粧品。今や常識ですが、ビタミンC化粧品と一口に言ってもピンからキリまで様々なものがあります。今回は、ビタミンC化粧品を選ぶ際に知っておきたいことについて解説するとともに、地黒肌の美白ケアにおすすめしたい、強力なビタミンC化粧品をご紹介します。

地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

地黒肌を何とか色白にしたい。でも何をやっても白くならない・・。そんな方に試していただきたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品。今回はハイドロキノンの働きやその効果、地黒肌におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

地黒の人に美白化粧品は意味がない?それともある?

もともと黒い地黒肌。美白化粧品なんて使ってもあまり意味はなさそうです。しかし実際には、地黒だと思っていたけれど美白を根気よく続けていたら色白になった・・なんて方は結構います。本当のところ、地黒肌に美白化粧品は意味があるのでしょうか?それとも本当に意味がないのでしょうか?

TOPへ