学生の美白・・お金をかけずに地黒肌を色白にするためにできること

地黒肌は生まれつきのもの。
そうではあっても、子供のころからその肌の色を気にする方はあまりいません。

外見が気になりはじめる中・高校生くらいになって、地黒であることを気にし始める方が多いようです。 特に日本は色白を好む傾向が強いこともあって、白くなりたいと思う方の悩みは深刻です。

ですが学生だと殆どの方の場合、美白ケアにかけられるような金銭的な余裕はありません。

しかしどうにかしたい・・・。
一体どうすれば、お金をかけずに地黒肌を白くできるのでしょうか?



学生でもできる美白ケアとは

最初にまとめておきたいと思います。

色白な状態を目指している状態を「美白」とか「美白ケア」などという事が多いですが、 具体的にはどのようなケアを美白ケアと呼ぶのでしょうか。
・紫外線対策
・美白化粧品の利用
・美白サプリメント・薬の利用
美白ケアというと、主には上記のようなものを思い浮かべる方がほとんどだと思います。

紫外線対策はともかく、美白化粧品や美白サプリメント・薬の利用は少なからずお金がかかるため、 特にお金の面で自由が少ない学生の方だと、ここに力を入れるというのは難しいと思われます。

安い美白化粧水くらいなら使えるかもしれませんが、あまり効果は期待できないでしょう。 となると、紫外線対策を一番に考えることになりますね。



紫外線対策なんてすでにやっているけど・・・

紫外線対策を考えるといっても、 紫外線対策なんて、とっくにやっているんだけど・・なんて方も少なくないでしょう。

特に地黒肌の方は、色白肌よりもメラニンが生成されやすいため、 日焼け止めを塗っていても夏になると焼けてしまうという方は多く、それゆえに途方に暮れているのだと思います。

日焼け止めを塗っても焼けるのだから、紫外線対策なんて全く意味がないと感じてしまうかもしれませんね。

しかしそもそも、美白化粧品や美白サプリメント、薬を利用したからといって、それだけで白くなれるわけではありません。

どのような方法を取るにせよ、紫外線対策を徹底しなければ効果が半減してしまうどころか、 美白化粧品を使っていても日焼けしてしまったりシミができやすくなったりします。

逆に、紫外線対策が徹底できていれば、 化粧品やサプリメントに頼らなくても日焼けを防いだり、元の肌の色をキープする事はできるのです。

学生は屋外での活動が多く、どうしても紫外線を浴びる機会が多いというところから、 紫外線を徹底して防ぐことはとても難しいのですが、 どんな美白ケアも紫外線対策なくしてはあり得ません。

とにかく絶対に焼けたくない、少しでも白くなりたいのなら、 まずは紫外線対策を徹底すること、また健康な肌を保つために必要な睡眠・食事に気を配る事が大切です。

今ははっきりとした効果を感じられないかもしれませんが、 将来、地道に紫外線対策を行ってきてよかったと思う時がくるはずです。

美白化粧品にコストをかけられるようになったら、その時に美白化粧品の利用を考えましょう。



徹底した紫外線対策とは?

徹底した紫外線対策とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?
紫外線対策と聞いて思い浮かぶのは、主に以下のようなものだと思います。
・日焼け止めを塗る
・日傘や帽子で日差しを遮る
・長袖の上着、腕カバーなどで皮膚を覆う
・サングラス
環境にもよりますが一般的な学生の方だと、学校では日傘や帽子を利用したり、衣服、サングラスの着用は難しいかもしれません。

特に紫外線対策を徹底する場合、サングラスは是非とも利用したいところなのですが、 日本ではサングラスの着用が一般的ではないため、特に学生だと難しそうです。

ので、普段は日焼け止めの利用がメインになりますね。

日焼け止めはすでに使っているという方も、確認のつもりで以下に目を通してみてください。 案外、日焼け止めをきちんと使えていない方は多いです。



日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めの基礎的な知識、また値の見方については、 地黒肌でも日焼け止めは必要!おすすめの日焼け止めをご紹介 で詳しく解説していますので、ここでは触れません。

以下では、「学生が日焼け止めを使う」という点にスポットをあてて、日焼け止めの正しい使い方についてお話ししていきます。

利用する日焼け止めのSPF、PA値は?

SPFの数値が高ければ高いほど、紫外線カット力が持続しやすいというのは多くの方がご存知だと思います。 しかしSPF値の高い日焼け止めは肌に負担が大きいため、場面によって使い分けるのがベターです。
【利用する日焼け止めのSPF、PA値の目安】

・きつい日差しの下で活動する ・・ SPF40~50、PA+++~++++
・主に屋内で活動する ・・ SPF20~30、PA+~++
気を付けたいのは、屋内にいる場合でも紫外線の影響はゼロではないという事。 例えば窓際の席にいる場合だと、部屋の奥にいる方よりも紫外線を受けやすいといえます。

夏場だと屋内でも照り返しで焼ける事がありますので、屋内中心に活動するような日であっても、日焼け止めは塗っておいた方が安心です。

また肌に負担がかからないよう、できれば紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが良いでしょう。

日焼け止めの量は?

次に、肌に塗る日焼け止めの量について。
これ、結構知らない人が多いのですよね。

当然ですが、利用量が少なすぎると紫外線カットの効果を最大限発揮することができません。

個人差はありますが、一般的なサイズの顔に日焼け止めを塗る場合、「500円硬貨」程度の面積の日焼け止めが必要です。

実際に使ってみると、結構多いことがわかります。
体に塗るとなると、1回でかなりの量を消費することになりますね。

日焼け止めを塗ってもすぐに日焼けしてしまうという方は、使用量を要確認です。
もったいないからといって、少量を薄く延ばして使っていませんか?

日焼け止めの塗り方は?

日焼け止めは利用する量だけでなく、塗り方も重要。
日焼け止めのタイプ・・例えば乳液かクリームかによって多少塗り方は変わってくるものの、大まかな所は同じです。

・手のひらに500円硬貨分の日焼け止めを出し、反対の手で適量をとって顔の各所(頬や鼻、あご、あでこ)に置きます。

・置いた日焼け止めをムラにならないよう伸ばしていきます。日焼け止めが足りなければ都度足してください。

・顔全体に伸ばしたら、手のひらで顔全体をおさえてなじませます。

日が当たりやすい場所については、日焼け止めを2度塗りしても良いでしょう。
あと休日などにメイクをする場合は、日焼け止めを塗った後にします。

日焼け止めは塗り直しが必要!

一度日焼け止めを塗ったら、それで安心してしまう方がおられますが、 日焼け止めは都度塗り直しが必要です。

特に夏場は汗をかきますし、毛穴から皮脂も沢山分泌されます。
時間が経つと日焼け止めがヨレたり、汗で流れて落ちてしまうため、その時の状況にもよりますが、できれば2~3時間置きには塗り直ししたいもの。

正直、前に塗った日焼け止めを拭きとらずに、その上から日焼け止めを塗ると「肌を塞いでいる感」が結構すごいのですが、 焼けたくなければ徹底してください。

もし可能なら、化粧水などで軽く拭き取ったあとに日焼け止めを塗り直すようにすると快適です。

夜には日焼け止めをしっかり落とすように

日焼け止めの種類にもよりますが、何度も重ね付けすると、お湯でサッと流したくらいでは落ちてくれません。

日焼け止めが肌に残ったままだと負担が大きいので、必ず石鹸やクレンジングなどで綺麗に落とすようにして下さい。 場合によっては、2度洗いしなくては落ちてくれない日焼け止めもあると思います。

しっかり洗った後、化粧水でのお手入れも忘れずに。
若い肌なら必要ないかもしれませんが、カサカサしたり突っ張るようなら、高いものではなくても構わないので化粧水で潤いを与えるようにしてください。



おすすめの日焼け止めは?

学生の方が利用しやすい、コストパフォーマンスに優れた日焼け止めをご紹介します。

コストをかけられるのなら原材料にこだわったものが最良ですが、こだわった日焼け止めは価格が高いですし量も少なく、 とてもではないですが毎日たっぷりは使えないと思います。

ここでは紫外線カット効果がありながらもリーズナブル、かつ使用感の良い日焼け止めをご紹介いたします。 製品によっては肌に合う合わないがあるため、その点のみご注意ください。


沢山使いたい方に ニベアサン プロテクトウォータージェル

毎日沢山使いたいという方におすすめの日焼け止め、ニベアサン プロテクトウォータージェル。

たっぷり入っているのに価格が安いこと、また塗りやすいテクスチャ―で使いやすいと人気の高い製品です。

SPF違いの日焼け止めが数種ラインアップされていますので、複数揃えておくと便利。 日常使いにはSPF30~、屋外での活動時にはSPF50程度がおすすめです。




汗や水に強め ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

比較的汗や水に強く、軽い使い心地で人気の日焼け止め。

紫外線カット持続力もSPF50+ PA+++と高く、外出が多い日や屋外での活動時に重宝します。

白浮きしにくく、また汗や水に強いにもかかわらず 石鹸や洗顔料で落とせるなど、日常的に使いやすい製品です。




海や山に行くならこれ アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン

海や山など、がっつり焼けそうな場面でも絶対に焼きたくないという方には 「アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン」がおすすめ。

ウォータープルーフかつ、紫外線カット持続力はSPF50+ PA++++と国内最高値を実現しており、 海へ行くならこれしかないというファンもいるくらい。

お値段はそこそこしますが、絶対に焼けたくないという時用にあると便利な日焼け止めです。




子供でもOK 紫外線予報 UVさらさらジェル

無着色、無香料、無鉱物油、ノンパラベン、ノンアルコールという、子供の肌にも優しい成分の日焼け止め。

紫外線カット持続力はSPF30、PA+++と、日常使いにちょうど良い値です。

石鹸で簡単に落とせること、またべたべたしないので日焼け止めのべた付きが苦手という方にも使いやすいです。

比較的リーズナブルなこと、ポンプ式で容量も多いので、家族での利用にもおすすめ。





日焼け止めは数種類揃えておくと便利

日焼け止めはSPF値が高いほど、紫外線カット効果は長持ちしますが、 その分肌に負担をかけやすいです。

屋外で活動する場合はSPF値の高い日焼け止めを、 また屋内メインで過ごす場合にはSPF値が低めの日焼け止めを利用するといった具合に、 場面に応じた日焼け止めを利用するようにしましょう。

常に、2~3種類の日焼け止めを揃えておくと便利です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

学生の美白・・お金をかけずに地黒肌を色白にするためにできること

地黒肌を色白にしたい。外見が気になりはじめる中学生や高校生くらいになって、地黒肌が気になりはじめる子は少なくないようです。しかし学生なので美白にかけるお金はありません。お金をかけずに地黒を改善する方法はないのでしょうか。

派手に見られやすい地黒肌 清楚なファッションは似合わない?

地黒肌の方は、色白の方に比べると派手な印象にみられる傾向があるようです。気にしないのならばともかく、自分の目指したい方向と異なる場合気になりますよね。今回は、色黒の方が上品にみせるポイントについてお話いたします。

TOPへ