20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

もともと地黒肌だったり、顔にそばかすがあるような方だと、 比較的若いころから美白には敏感なのではと思います。

しかし何も悩みがない場合、あえてケアしようとは思いませんよね?
若い肌は焼けてしまっても綺麗に戻りやすいですし、シミなどもできにくいですから、美白には関心を持ちづらいです。

また美白に関心があっても「まだ若いから大丈夫」という思い込みで、 何もケアをしていないという方も少なくはないはず。

しかし、将来のシミを予防したいのなら若くても美白ケアは必要です。
今回は、20代のまだ若い世代に向く美白ケアと、若いころから美白を意識した方が良い理由についてお話しします。



若いから日焼けしても大丈夫!は間違い

若いころは肌の代謝が活発なこともあって、日焼けしても比較的すぐ元の肌色に戻ります。

夏には真っ黒に焼けてしまったけれど、冬になるころには白い肌に戻った、 なんて経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

その通り、若いうちはよほど強く日焼けしない限りは、時間とともに元の肌に回復する事がほとんど。

だから「若いから日焼けしてもまだ大丈夫」・・なんて考えている方もおられるかもしれませんが、それは間違いです。

若いころに紫外線対策を怠ったツケは、大なり小なり将来の肌に影響を与えます。



10代20代の若い肌にはなぜシミができにくい?

10代20代のころは焼けてもすぐに戻ったし、シミができるなんて心配をしたこともなかったのに、 30代を過ぎるあたりから急激にシミが増えてきた。

そんな方、珍しくないと思います。
しかしなぜ、10代20代の頃はシミができにくいのでしょうか?

シミができる仕組み

肌が紫外線を浴びると、その紫外線の害から細胞の核を守るために、 色素細胞であるメラノサイトによってメラニン色素が生成されます。

肌が浴びた紫外線ダメージをメラニンが代りに引き受けることによって、肌にダメージが及ばないようにするのです。

生成されたメラニンは役割を終えた後、しばらくは肌に残ったままとなりますが、 時期が来れば肌のターンオーバーにより古くなった角質と共に外部へ排出されます。

メラニンはシミの原因だといわれますが、 きちんと外部へ排出されている分には、シミの原因となる事はありません。

ただ、加齢などによって肌のターンオーバーのサイクルが乱れたり、 強い紫外線を浴びて大量のメラニンが生成され肌の深部に沈着してしまった場合、 メラニンを外部へ排出しきれず、肌内部に残ったままとなってしまうことがあります。

それがシミの元です。
シミは、排出しきれなかったメラニン色素が肌の表面に浮かび上がってきたものなのですね。

10代20代の若い肌にシミができにくい理由

10代20代の若い肌にシミができにくいのは、 代謝が活発であるため、肌のターンオーバーによって生成されたメラニン色素が外部へ排出されやすいこと、 また活性酸素を除去する力が強いことなどが理由にあげられるでしょう。

それと同じ理由で、30~40代以降の肌にシミが出来やすいのは、 肌のターンオーバーのサイクルが乱れやすくなっていること、 また若いころに比べて活性酸素を除去する力が低下してきているためだと思われます。

なお、メラニン色素が生成されるのは、なにも紫外線だけが原因ではありません。

体内に発生する活性酸素や栄養不足、摩擦などの刺激によっても生成されます。 とはいえ、主には紫外線を浴び続けたことによるものが大きいといえるでしょう。



若い頃に紫外線を浴びたツケは後からやってくる

10代20代はシミができにくい、なら若いうちは少しくらい日焼けしてしまっても大丈夫だろう・・ そうお思いの方がおられるかもしれません。

確かに、若いうちはシミができにくいです。
よほど強い紫外線を浴びたりしなければ、日焼けをしてもきれいに回復する可能性は高いです。

しかし、強い紫外線を無防備に浴びる日々を送っていれば、少しずつ肌の内部にメラニンが沈着していきます。

沈着したメラニンはすぐには表面には出てきませんから、一見するとシミがないのだと勘違いしてしまうのですが、 そのメラニンは忘れたころ・・例えば20代後半~30代を過ぎるあたりで、一気に表面に現れてきます

若いころ紫外線対策を行っていなくて、30代前後でシミが急増した方というのは、 多分上記のようなパターンがほとんどでしょう。

女性ホルモンが原因で現れるシミもあるため、一概に紫外線だけがシミの原因だとは言えませんが、 若いころから紫外線対策を行っていたとしたら、 シミができるにしても急増するようなことはあまりないと思われます。

正直、毎日の紫外線対策や美白ケアは面倒です。

危機感がないうちは徹底する気にはなれないと思うのですが、将来の肌の為にも、 若いうちから積極的に紫外線対策を行なったり、美白化粧品の利用を心掛けることをお勧めいたします。



若い世代におすすめの美白化粧品は?

美白化粧品と一口にいっても、様々なタイプの製品が存在します。
肌質やその状態にもよりますが、例えば20代のまだシミのない肌に利用するのであれば、 さほど高くないものでも構いません。。

ただ、あまりに安すぎるものは使う意味がないことと、 肌に負担をかける成分が沢山使われているものも避けるようにしましょう。

理想はシミ予防に効果が期待できる、厚生労働省が認めた美白成分を含む化粧品です。 シミの原因となるメラニン生成の抑制作用により、日焼けなどによるシミをできにくくしてくれます。

というわけで以下、おすすめの製品をピックアップしてみました。


美白専門化粧品WHITH WHITE

徹底的な美白、美肌を追求した、水溶性プラセンタエキス配合の「WHITH WHITE」のスキンケア。

シミやそばかすをケアすることで、 くすみがちな肌に透明感をあたえます。

厚生労働省が認めた有効成分が配合されている製品を「医薬部外品」と呼びますが、 本製品は医薬部外品に分類されており、有効成分による効果が期待できます。

もともとのお値段は結構高いのですが、Amazonだとシリーズで揃えてもかなり安く買えるんですよね。(2018年4月確認)

実際に使用したユーザーの評価も高く、美白にあまりコストをかけられない方のホワイトスキンケアとしては、 非常に魅力の大きい製品だと言えるでしょう。




富士フイルム アスタリフトホワイト

独自成分の「ナノAMA」に、美白有効成分であるアルブチンやビタミンC誘導体他、様々な成分を配合したホワイトニングシリーズ。

現在シリーズのラインアップ全てを試せるトライアルキットが送料無料、1000円(税抜)で試せます。

さほど潤いの必要のない肌なら、全てを揃える必要はないでしょう。 ローションだけでも十分という方もいると思います。

お得なトライアルでお試ししてみて、自分に必要なもののみ継続すると良いのではないでしょうか。




サイクルプラス

APPSと呼ばれる浸透力の高いビタミンC誘導体のパウダーを、化粧水に混ぜて使うという2剤式を採用したサイクルプラス エンリッチローション。

直前にAPPSパウダーを混ぜる使い方で、劣化しやすいAPPSを新鮮なまま利用できます。

APPSは若い肌、エイジング肌にかかわらずおすすめの成分です。 シミがない方だけでなく、薄いシミが見えはじめたという方にも効果的。

本製品はAPPS化粧品にしてはお手頃で、続けやすい点が魅力だと思います。

現在このローションに、シリーズの化粧品サンプルをセットにした「お試しセット」が送料無料、なんと大幅割引価格で提供されていますので、 まずはお試しセットを試してみると良いでしょう。

なお、APPSについてご存知ない方は、以下の記事をご覧ください。
美白に興味があるのなら、APPSを含めたビタミンC化粧品について知っておいて損はないと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと




ご紹介している化粧品は、いずれもメラニンの生成を抑制する働きを持つ成分を含んでおり、 日焼けによるシミやそばかすができるのを予防してくれます。

これだけでシミができないというものではなく、あくまでも予防対策の1つではありますが、 若いうちから美白ケアを意識することが将来の美肌に繋がります。

紫外線対策やおすすめの日焼け止めについては、 以下の記事に詳しく書いていますので、あわせてご覧ください。

また、どうしても紫外線を避けることが難しい、海が大好きなんて方には、 体の内側から紫外線対策を行う「飲む日焼け止めサプリメント」もおすすめです。



参考になりますと幸いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビーグレンのハイドロキノンクリームをレビュー 顔全体に使えるハイドロキノン

ビーグレンが販売するハイドロキノン、QuSomeホワイトクリーム1.9をレビュー。QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地や、お手頃に試せるトライアルキットの中身をご紹介しています。

地黒肌でも美白点滴・注射で色白肌になれる?

美白点滴、美白注射ってご存知でしょうか?その時の通りの点滴、注射で美容クリニックなどで受けられます。地黒肌の美白にも効果は期待できるようですので、費用が問題にならなければおすすめのメニューです。

地黒肌の美白には何をすべき? やるべきことをまとめてみる

肌が黒くなりやすい、地黒肌。美白ケアを開始したいけれど、何から始めたらよいのか分からない・・なんて方のために、美白ケアでやるべきことについてまとめてみました。

20代の美白ケアとは?シミがなくても美白ケアを心がけた方が良い理由

若いころから美白に関心がある方がいる一方で、若いから大丈夫と紫外線に無防備な方もいますが、若い頃に紫外線を沢山浴びると、30代前後位にシミが出やすくなります。今回は、シミのない若い方でも美白ケアを心がけた方が良い理由と、20代の若い世代に向く美白ケアについてお話しします。

地黒肌の美白にはハイドロキノン ただしハイドロキノンのみだと時間がかかる 早く効果を出す方法は?

効果のある美白成分は?と聞かれて思い浮かぶのはハイドロキノン。特に色白肌よりも黒くなりやすい地黒肌さんにはおすすめの成分ですが、実はハイドロキノンだけだと、美白ケアの効果が出るまでに結構時間がかかります。今回は、ハイドロキノンの効果を少しでも早く実感するためのケア方法についてお話しいたします。

美白化粧品を使ったけれどシミが消えない?その理由について解説

美白化粧品でシミを消す事ができるとお思いの方は少なくないようですが、それは間違い。美白化粧品でシミは消せません。その理由についてわかりやすく解説とともに、シミを消す方法についても触れています。

地黒肌の全身美白!体の美白に最適な方法は?

顔の美白は化粧品を使用しますが、日焼けしたりシミが出来るのは顔だけではありません。特に日焼けしやすい地黒肌の場合、顔だけでなく腕やデコルテも美白したいところですが、美白化粧品は高価。気軽に体に使えるものではありません。今回は、顔ではなく体の美白方法についてお話ししたいと思います。

地黒の美白にビタミンC化粧品は効果的 ただし効果が出やすい化粧品を選ぶこと

美白にビタミンC化粧品。今や常識ですが、ビタミンC化粧品と一口に言ってもピンからキリまで様々なものがあります。今回は、ビタミンC化粧品を選ぶ際に知っておきたいことについて解説するとともに、地黒肌の美白ケアにおすすめしたい、強力なビタミンC化粧品をご紹介します。

地黒でもハイドロキノンで色白になれる?地黒肌に向くハイドロキノン化粧品を紹介

地黒肌を何とか色白にしたい。でも何をやっても白くならない・・。そんな方に試していただきたいのが、ハイドロキノンを配合した化粧品。今回はハイドロキノンの働きやその効果、地黒肌におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

地黒の人に美白化粧品は意味がない?それともある?

もともと黒い地黒肌。美白化粧品なんて使ってもあまり意味はなさそうです。しかし実際には、地黒だと思っていたけれど美白を根気よく続けていたら色白になった・・なんて方は結構います。本当のところ、地黒肌に美白化粧品は意味があるのでしょうか?それとも本当に意味がないのでしょうか?

TOPへ