色黒肌に憧れる色白肌さんにはセルフタンニングがおすすめ 日焼けは絶対NG!

地黒肌で悩む方がいる一方で、健康的な小麦色の肌になりたいと悩む色白肌さんも実は少なくはありません。

色白な肌って透明感があってきれいですが、見方を変えると不健康に見えたり、 地黒肌の方が着るような服が似合わなかったりと、不都合もあります。

そんな色白の肌色をどうにかしたいと、日焼けサロンに通うような方もおられるようですが、 いくら焼けたいからといっても色白肌を焼くのは絶対にNG。 色白肌は地黒肌よりも紫外線の影響を受けやすく、日焼けは将来のシミ・しわの原因にもなりかねません。

今回は、色白肌の方でも手軽に肌色を変えることができる、 セルフタンニングについてお話しします。



なぜ色白肌の日焼けはダメなの?

肌を小麦色に変えるのにてっとり早い、日焼け。

きれいに焼くのなら、日焼けサロンに通うという手もありますし、 そこまでこだわらないのなら、海などへ出かけて一日泳げば大抵の方はすぐに小麦色の肌に変われます。

ですが、日焼けは火傷と同じで肌を傷めます。
特に色白肌にはダメージが大きいため、絶対にお勧めできません。

色白肌はメラニンを生成する力が弱い=紫外線に弱い

人間の肌は紫外線を浴びると、 肌内部のメラノサイトでメラニン色素と呼ばれる物質が生成されるようなシステムが備わっています。

メラニンは、肌を紫外線ダメージからガードする重要な役割を果たすもので、 メラニンが紫外線ダメージを吸収することで、肌にダメージが及ばないようにします。
もともと、肌色が濃い人は肌内部のメラニン量が多いことにくわえ、 紫外線などの刺激によってメラニンが生成されやすいため、微弱な紫外線でもメラニンが生成されます。

しかし、色白肌の方は肌のメラニン量が少なく、さらにメラニンの生成能力が低いため、 紫外線を浴びたとしても地黒肌の方ほどメラニン色素が生成されません。

最初に、メラニンは紫外線ダメージから肌をガードするものだと述べましたが、 メラニンの生成量が少ないと、紫外線ダメージから肌をガードしきることができず、肌にダメージが及びやすくなります。

肌にダメージが及ぶとどうなるのでしょうか?

その時には何もおこらないかもしれませんが、例えばシミやしわといった肌老化の原因になったり、 将来皮膚がんになるリスクを高める恐れもあります。

メラニンの生成能力が高くはない色白肌の方は、そうでない方よりも紫外線に注意する必要があるのです。

ゆえに、色白肌の方の日焼けはおすすめできません。

例えば日焼けして肌がすぐに黒くなるのではなく、赤みを持ってしまうような方は、 メラニン色素の生成能力が低い可能性があるため、注意が必要です。
日焼けしたあと肌がすぐに黒くなる ・・ メラニンが生成されやすい
日焼けしたあと肌がまず赤くなる ・・ メラニンが生成されにくい



健康的な小麦色の肌になりたい!ならセルフタンニングがおすすめ

色白肌の方が健康的な小麦色の肌になりたいのなら、日焼けではなくセルフタンニングがおすすめです。

セルフタンニングは、まるで日焼けしたかのような小麦肌を自ら作り出す行為のこと。 「サンレスタンニング」や「セルタン」などと呼ばれることもありますね。

セルフタンニング用のローションを使用することで、太陽の光を浴びることなく、 日焼けしたかのような肌を実現できるため、紫外線に弱い色白肌さんにぴったりです。

注意点は、塗り方によってはムラになってしまう可能性があること、色があまり長持ちはしないこと、 またまれに色が入りにくい方もいます。

実際に使ってみなくてはコツをつかむことは難しいため、 いくつかのコツを押さえた上で、何度か練習を重ねることをおすすめします。



おすすめのセルフタンニングアイテムは?

使い方について解説する前に、セルフタンニングにおすすめのローションをご紹介します。

セルフタンニングローションは海外製のものが多いですが、 においがきついこと、また日本人の肌には成分がきついことも多く、肌が弱い方にはおすすめできません。

以下の製品は匂いが日本人向けで控えめであること、 またローションとはいっても流れ落ちるようなものではないため、自宅でも塗りやすいはずです。


クオリス ブロンズターナー

塗ってから、約12時間で小麦肌を実感できるセルフタンニングローション。

無色透明で色移りせず、また特有のニオイも抑えられているため、 初めての方にも向いています。

日焼けのような肌ダメージがないこと、 また日焼けサロンに通うことを考えれば、かなりコストカットできる点が魅力。

男性の方はもちろん、小麦色の肌を手に入れたい色白肌さんにもおすすめの製品です。





セルフタンニングの行い方

セルフタンニングに必要なものと使い方、また注意点について解説します。

セルフタンニングに必要なもの

セルフタンニングには、セルフタンニング用のローションのほか、 手に色を付けないためのゴム手袋や、リキッドファンデを塗るようなメイク用のパフがあると便利です。
・セルフタンニングローション(ジェルやクリームもあります)
・ゴム手袋
・メイク用のパフ
ゴム手袋は手を染めてしまわないためのアイテムですが、 ない方が細かい部分に塗る場合や、ローションの量の調整などが行いやすいです。

もし素手でローションを塗る場合は、手が黄色っぽく染まってしまいやすくなるため、 毎回塗り終えるごとに必ず石鹸で落とすようにしてください。


セルフタンニングの前のお手入れ

セルフタンニングを行う前に、肌のお手入れをしておきましょう。

ムダ毛や古い角質が肌に残っていると、ローションを塗った際に色ムラが出やすくなるため、 ムダ毛はしっかりと処理し、角質はピーリング剤などで取り除いておくと、仕上がりがきれいになります。

以下の記事では、顔や体に利用しやすいピーリング剤や石けんをご紹介していますので、参考にしてみてください。


セルフタンニングを塗るタイミング

ローションを塗ってから色が出てくるまでに時間がかかるため、 どれだけ遅くとも本番日の前日には塗っておきます。

色を濃くしたい場合は、1週間ほど前から少しづつ塗り重ねるようにするのがおすすめ。 一度にたくさん塗るとムラになりやすいため、注意してください。


セルフタンニングローションの塗り方

色ムラなくセルフタンニングローションを塗るには・・・
・乾いた肌に塗る
・一度にたくさん塗らず、薄く塗って重ね塗りしていく
・2~3時間ほど自然乾燥させる
セルフタンニングローションは服に付くととれないため、注意が必要です。

あと重ね塗りする場合には最初に塗ったローションが完全に乾いてから、塗るようにしてください。 乾かないうちに塗り重ねるとムラになる恐れがあります。

色を濃くしたい場合には、翌日にも同じことを繰り返します。
ただし、選ぶセルフタンニングローションによって実現できる肌色の濃さには限界がありますので、塗り重ねてもある一定以上には濃くなりません。

塗布したあと、何もしないで放っておけば1週間~10日程度で完全に色が落ちます。
色を維持したいのなら、肌の色の様子を見ながら3日に1回程度は塗り直してください。



セルフタンニングの匂いが気になる

利用する製品によって差はあるものの、セルフタンニング系のアイテムは独特の匂いを持つものが多く、それが気になるという方もいるでしょう。

特に塗った直後は周囲にも匂う可能性があるため、出かける前に塗るのはやめた方が無難です。 色が定着した後、洗えば匂いはとれます



セルフタンニングを行っていても日焼け止めは使える

最近は、セルフタンニングに日焼け止め効果を持たせたものも存在しますが、 日焼け予防としてはあまり効果があるようなものではありません。

できれば、外出時は紫外線対策を行った方が良いでしょう。
真夏であればなおさらです。

セルフタンニングを行っていても日焼け止めは使えますが、ローションを塗った直後は控えるようにし、 肌に色がしっかりと定着してから塗るようにしてください。



人により色の出方には個人差がある

同じセルフタンニング用の製品であっても、 使う人の肌質や肌の色によってセルフタンニングの色の出方は異なります。

特にセルフタンニングが初めての方の場合、どんな感じになるのかわからない事も多いと思います。

こんな色になるはずではなかった・・という不測の事態を避けるためにも、 心配な方はまず目立たない場所に少量を塗り、色の出方を見てみると良いでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

色黒肌に憧れる色白肌さんにはセルフタンニングがおすすめ 日焼けは絶対NG!

地黒肌で悩む方がいる一方で、色白肌で悩む方も少なくはありません。色白肌を何とかして小麦色の肌に変えたいけれど、日焼けサロンなどを利用するのは肌を傷めて老化を促進させるので絶対にNG。今回は、色黒な肌に憧れる色白肌さんにおすすめしたい、セルフタンニングについてお話しします。

TOPへ